石橋をとことん分析する手相

生命線の途中から頭脳線が出ていて、
重なっている部分(紫色の線)の長さが
人差し指の付け根の幅(水色の線)より長く、
頭脳線(ピンク色の線)が下図のように、ある程度長い手相。

この手相の方は、
何か物事を始める時、非常に慎重になる人です。

石橋を叩いて渡る前に、
叩いている棒の性能を念入りに調べ上げ、
棒の種類をいろいろと変えつつ、
何度か叩いてからやっと行動に移す、というくらいの慎重さです。

そのため、いろいろ思いをめぐらせても、
思考が堂々巡りした結果、行動に結びつかず、
チャンスを逃してしまうことも……。

ただ、事前にどんなリスクがあるかを分析し
準備することを得意とされているので、
危機管理能力として、優れたものをお持ちです。

また、1つのことを突き詰めて考えることができますので、
そういったことが要求される仕事や場面では、
持ち前の長所が、いかんなく発揮されることでしょう。

若い頃は運気が弱く苦労が多いかもしれませんが、歳を重ねていくうちに運気が強くなっていく、大器晩成のタイプでもあります。

  • 最後に一言
  • こだわりが強く
    ついつい完璧を求めてしまうところもあるので、

    たまには「これぐらいで十分」と自分に言い聞かせて、
    次のステップに進むことを意識されると
    もう少し楽に生きることができますよ。