占いはデザインであり芸術だ

先日、とんでもない衝動を感じた本に出会ったのです。

本屋さんは大好きで、
ふらっと本屋さんに入り
ぼーっとお店の中をまわって
インスピレーションで
今一番気になる本を手にしてみます。

パラパラっと本をめくり
「これは今必要な言葉だっ!」
そんな、ぐっとくる本は
衝動的にレジへ直行してしまうのです。

先日手にした本は、
「これは絶対に買わなければ!」
そう感じさせる素晴らしい本でした。
強い衝動を感じ、興奮が収まらなかったのです。

その本がこちら
つくることば いきることば
永井一正「つくることば いきることば」

グラフィックデザイナー 永井一正さんの作品(銅版画と言葉)を
3.11震災という日本の試練に対し、少しでも前を向く力になるよう
編集された本になります。

たくさんの素晴らしい絵と言葉が詰まっているのですが
その中から、僕が求めている「占いのカタチ」を感じさせるものを、ピックアップさせていただきました。


先祖から受け継いできた
日本人としての独自なものを、
自分に合うように組み立てていく。


祖先から受け継いできた
日本人の原意識のようなものに
たどり着くことで大きな創造が生まれる。

  • 最後に一言
  • 祖先から受け継いだ
    知識、知恵、創造性の集大成である「占い」に対して
    敬意をはらうとともに
    自分に合うようにカスタマイズしていきたいな

    占いは デザイン(知識・知恵の設計)であり
    芸術(創造性)だ。