やさしいリーダーの手相

感情線が人差し指の下までのびて、
一度上がり、先が下向きに下がっている手相です。

この手相の方のキーワードは、「指導カ」と「慈悲」

人差し指の根元の「木星丘」に引っ張られ
向上心やリーダー的要素を持っているのですが、
そこから下に降りていることで、同情心や優しさを兼ね備えています。

人を指導したり導いたりするカが優れており、
それに加えて、慈悲心が強く愛情深いので、
優しく人をナビゲートする役割を担っているようです。

職業では、学校の先生、保育士、カウンセラーなどが向いています。

恋愛面では、深い感情の世界で生きているため、
時にコントロールできず、相手を独占したいという気持ちが湧いて出てくる時も。

そんな時は、恋人を束縛し過ぎないように注意してくださいね。

  • 最後に一言
  • 時として、感情に支配されて身動きがとれなくなることもありますので、
    背筋を伸ばして「ま、いっか」「なんとかなるさ」
    という言葉(言霊)を意識的に使いましょう。

    考えない時間をつくってみるようにすると
    ラク~になって、行動意欲が湧いてきますよ。

ふわっとソフトな手相

感情線の先に、支線が3本斜め下に向かってあらわれている手相。

この手相の方は、とても人当たりがやわらかいです。

人の気持ちをつかむのが得意で、
相手を気遣って、やわらかい表現で
心地良い時間をつくります。

感情線がもう少し長く
人差し指の下のほうまである場合は、
人から好かれやすい上に自己アピールも得意で
実業家として成功する可能性があります。

ただ、画像のように
そこまで感情線が長くない場合は、
控えめで自分を出すことがあまり得意でない方が多いです。

雰囲気を壊さないように、
曖昧な表現をするのも得意なのですが、
自分に対しては「曖昧な言葉」は
使わないようにしてくださいね。

自分に対する「曖昧な言葉」は、
そのまま現実を引き寄せて
頭の中を混乱させる方向へと
いざなってしまうことがあります。

すると、いったい自分が
「何をしたくて、何が好きで、何が嫌いで
 今後どうありたいのか?」が
わからなくなってしまうこともありますので。

  • 最後に一言
  • 人の意見を受け入れる柔軟性を持っているので、
    「自分はどう思うか?」ということを意識すると、

    「運」をより味方につけることができますよ。