男女の「思考」と「感覚」の相性について

「好きな人ができました。
電話するのもドキドキで……」

そんな恋が始まったとき、
気になるのがお互いの相性ですね。

それが結婚を意識する相手だったら
なおさら知っておきたい!

「四柱推命」では、
この相性というものを深く知ることができます。

「恋愛中の相性」と、「結婚してからの相性」は分けて占いますので、

「一目惚れで、あんなに好きだったのに
結婚してから(入籍してから)、うまくいかなくなってしまった……」
そんなことも、占いを通してわかってきます。

また、「思考の相性」「感覚の相性」も知ることができます。

「思考の相性」とは・・・
お互いの考え方や価値観、大切にしているものの相性。

「感覚の相性」とは・・・
好きな音楽や味覚、笑いのツボ、体の相性など。

– – – – – –

「思考の相性」は
多少良くなかったとしても
共通の趣味を持つようにしたり
お互いに歩み寄ってコミュニケーションを大切にし、
感謝の気持ちを伝えるようにすることで、
仲良くやっていくこともできます。

しかし、「感覚の相性」は別問題。
こちらは、努力で変えることは
なかなか難しいところなのです。

そういったこともあり、
夫婦の相性としては、「感覚の相性」が実は意外と大切で
重要視するポイントになるんですね。

なんか、この人とはフィーリングが合う!
っていう経験ありますよね?
そんな時は、こちらの「感覚の相性」が良い場合なのです。

  • 最後に一言
  • 恋愛中と結婚してからの相性は、
    まったく違うことがあります。

    気になるあの人との相性を知っておきたい……という方は、
    気軽にご相談くださいね。相性鑑定、お待ちしております。

    ↓鑑定の申し込みはこちらから
    http://yamamotomasayuki.com/contact/

思いやり大賞受賞!な手相

感情線の先が、人差し指と中指の間の付け根に向かい、到達している手相。

一言で思いやりのカタマリのような人。
面倒見がよくて世話好きなので、困った人がいるとほうっておけない性格です。

同様に、思いやりがあって愛情深い人とは
大変相性がよいので、いっしょになると
あたたかく幸せな生活を送ることができます。

一方、相手がクールなタイプの場合は、
その親切さが過剰になってしまって
うるさがられてしまうこともあるようです。

また、人を見る目が優れているばかりに、
その人のイヤな部分が気になってしまい、
好き嫌いがハッキリしてしまうこともあるようです。

  • 最後に一言
  • 思いやりがある(ありすぎる)ことで、
    自分より周りを優先してしまうこともしばしば。

    すると、気づかないうちに
    ストレスを抱え込んでいる……
    なんてこともありますので、
    自分なりのストレス解消法を、常日頃から持っておくといいですね。

ケン様の手相鑑定

わが家に居候している、
バービーちゃんの彼氏、ケン様。

トイ・ストーリー3にも出演し
今後ますますの活躍が期待されるケン様の
手相鑑定をさせていただきました。

ケン様の手相鑑定

誰に対しても心はオープン。
わりとライトな付き合いをする傾向があり、
人と距離をあけて接するのを好むようですね。

輝かしく、人から脚光を浴びる人気運をお持ちですが
自分からグイグイと周りを引っ張っていくリーダータイプではなく、
どちらかというと人を支える立場のほうが向いているようです。

トイ・ストーリー3に出演時には、
物事を想像し夢見がちな方のようにも見えましたが、
わりと冷静な目、判断力を持っているようです。
ただ、あまり物事を深く考えずに行動するところが多そうなのでお気をつけて。

自分に自信があり、安定感のある運をお持ちのようなので、今後も安心ですね。

  • 最後に一言
  • 人気運があり、抜群の安定感ある運をもつケン様。
    縁起が良さそうな存在なので、
    一家に1個、否っ
    一家にお一人、いかがでしょうか?

運勢天気予報

突然ですが、
占いってどんなものだと思いますか?

「占いとはどういったものですか?」
と聞かれると
「統計学のようなものですね」
とお伝えするようにしています。

今、この地球上では
科学至上主義な面がありますので、
科学的なことはすぐに受け入れやすいものの、
科学で実証できない事柄については
時として受け入れづらいことがあります。

だから、
「天気予報は信じていますか?」
とお聞きしてみて、
「占いはそんなようなものです。
 いうなれば、運勢天気予報のような」
と伝えると、伝わりやすいかなと思っています。

天気予報

ただ、本当は
中学・高校・大学と、学生時代にずっと理系の道を歩んできたからこそ
より強く実感するのですが、

科学や統計学は、自然体系の一部を、
一つの側面で合理的に公式化して、
利用する学問なんですよね。

医師としての仕事もしつつ占い師をされていた
ご先祖様が書かれた本にも
このことについて書かれていました。

科学という学問は大自然の造形の妙を発見し、その妙を公式化して利用する学問であるゆえに、種々なる創造をなしたるように見えて、これは自然の力によって、自然という材料によって、自然の法則によって組み立てられたものにすぎないということであって、したがって、科学の発達によって築きあげられた文明というものは人間が創造したということではなくて、自然の力による製造であったということになろう。
内山敬三 「天上の神々」より

「占い」というのは
科学や統計学を超えた
目に見えない「運」というものや
数式だけでは導き出すことのできない
自然体系からなる、深い学問。

「運」の流れを理解し、
「運を味方につける学問」だと考えています。

そういった先人の
古くから伝わる知恵のオンパレードを
思いのままに扱うことができるとしたら
とっても魅力的ですよね。

だからこそ、
絶大な信頼をしているのです。
先人の知恵の集大成である
「占い」に対して。

  • 最後に一言
  • 占いというと
    「占い」=「依存」
    というイメージをよく持たれるのですが、
    それは受け取り側が間違って解釈してしまった形。

    本来は
    占いを通して
    「自分」のことをより深く理解するツールであり、

    「運」の流れを理解し、
    「運」を味方につける学問
    だと考えています。